🌍松田大夢のクソバカ地球滞在記🌍

なんか物心ついた頃には地球で『人間』やってた。そんなゆるい人間ヒロムの地球滞在記。

【バジャウ族】ゲストハウス建設近況報告!幼少期夢中だったことを思い出した

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180427131242j:image

 

こんちわー。

こう見えて一児の父親、松田大夢メンバーです。

 

 

約1週間続いたテレビの密着取材を終え、波瀾万丈な怒涛の月をやり過ごし少し落ち着いたので、崩れたゲストハウスをまたゼロから作り始めました。

 

 

 

前回の記事はこちらから↓

【バジャウ族】船と家を失って息子がうまれた - 🌍松田大夢のクソバカ地球滞在記🌍

 

ゲストハウス兼自宅をまたゼロから建築し始め、12日目でここまで建設進みました。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180427131408j:image

 

近所の馴染みのバジャウメンバーに加え、サンボアンガ出身とコタキナバル出身のバジャウ族腕利きの大工を呼んで建築を進めています。

 

前回は竹の柱のみだったところを、鉄筋コンクリートの柱を20本、さらに竹の柱を16本加え、土台を大幅に強化しました。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501084045j:image

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180427132634j:image

 

一階の大きさは約8m×約10m。

個室、トイレ、水浴び場、ドミトリー。

 

2階は約10×約12m。

リビング、テラス、俺の部屋。

 

その上は、屋根を高くするので10m×12mの大きな屋根裏部屋を作ります。

団体の合宿所的な感じで使おうと思ってます。

 

隠し部屋も作る予定 。

 

初めの1週間ぐらいの建築作業の様子を動画にまとめたので見てみてください。

 

 

つい先日、パソコンを嫁に壊されて、ブログを書くのも動画の編集も全てiPhoneだけでやってて、動画なんて20分ぐらいでちゃちゃって編集しました。

 

どなたか切実に、MacBookを譲ってください😂

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180427134757j:image

 


そういえば、昨日ふと思い出しました。

 

俺がまだ保育園に通ってた幼少期。

 

保育園では、お絵かきと粘土とブランコが好きだったと思う。

 

家にいる時は、新聞紙と段ボールを使って、部屋の端っこに『秘密基地』って名づけた俺専用の空間を作ることが大好きだった。

 

新聞紙を筒状に丸めて並べて柱にし、そこに段ボールとか新聞紙をガムテープで貼り付けて壁と屋根を作って、子どもがやっと2人ぐらい入れる小さな空間をいつも作って喜んでた。

 

狭くて暑苦しいし、ちょっとぶつかったら簡単に壊れてしまう、よれよれの秘密基地。

 

子どもなりに考えて工夫して、身近にあるものを使って好きなように自分で作った、自分だけのお気に入りの空間。

 

小さい頃の俺が夢中になって作った、そんな秘密基地に持ち込んで食べるお菓子は格別に美味かった。

 

しばらく遊んだら、親に『邪魔だ!』っていつも壊されちゃうんだけどね。

 

生後2ヶ月の俺↓

f:id:sum41-blink182-fack60:20180427141702j:image

 

新聞紙で作ることから始まった俺の秘密基地作り。

 

俺が小学生ぐらいに成長したら、秘密基地を作るフィールドは部屋の隅っこから、ばあちゃんのりんご畑に変わった。

 

よれよれの新聞紙の壁も、丈夫な竹に変わった。

 

ばあちゃんとりんご畑↓

f:id:sum41-blink182-fack60:20180427142521j:image

 

中学生の時は、別のばあちゃんが営むタンス屋の二階の物置きを友達と一緒に綺麗にして、みんなの間で『オフィス』と呼ばれる溜まり場をつくった。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501070623j:image

 

友達と一緒に学校サボってひたすらゲームしたり、ここには書けない色んな悪さもした。

 

学校サボってみんなでやるスマブラ最高だったなぁ。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501070649j:image

 

真夜中にこんな格好してみんなでコンビニ行ったりもした。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501070943j:image

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501070826j:image

 

貴重な中学時代の写真。

 

中学時代の青春を語るには、みんなの溜まり場『オフィス』とゲームは外すことができない。

 

スマブラのスキルはその当時に身につけた。

 

中学を卒業後は新潟の親元を離れ、佐渡ヶ島という島のど田舎の高校に進学した。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501074036j:image

 

田舎すぎて半径10kmぐらい友達いなかったから、ほとんど家にいた。

 

部屋のレイアウトを自分好みにデザインして、好きなものに囲まれて暮らす楽しさを知った。

 

これがその当時の俺の部屋。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501080011j:image

 

自分磨きのために筋トレにも時間を費やした。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501080510j:image

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501080039j:image

 

そんな感じで、子どもの頃から好きな遊びに夢中になって、学生の頃も勉強なって全くやらない青春時代を過ごしてきた。

 

もちろん受験勉強も就職活動も全くしたことがない。

 

そして今。

 

そんな少年がそのまま大人になり、成長と共に遊びの幅もクオリティも規模も大きくレベルアップした。

 

幼少期に部屋の隅っこに新聞紙で作り始めた秘密基地は、フィリピンの海上へとフィールドを変え、『ゲストハウス』という名のパブリックな秘密基地に成長した。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501082739j:image

 

歳を重ねても、少年のような遊び心は今も昔も変わらない。

 

これからも死ぬまで楽しいことやって、全力で遊び続けたい。

 

中学生の頃につくったようなみんなの溜まり場を、バジャウ族のみんなと海の上で再現したい。

 

一緒に楽しいことやる仲間をいつでも募集中です。

 

インターンも募集してます。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501083949j:image

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180501103918j:image

 

小さい頃、秘密基地作りに夢中になってた懐かしい記憶が、ゲストハウス建設を機にふと思い出しました。

 

最近よくモバイルハウス作りとか、DIYで小屋作りとかしてる人をよくSNSで見かけます。

 

きっとみんな子ども時代、俺と同じように秘密基地作りに夢中になってた人たちだと思う。

 

大人になって遊びの規模とクオリティが変わっただけ。

 

みんな、小さい頃夢中になったことを思い出せ。

 

大人になって本気で遊べばそれで生きてくことだってできる。

 

人生遊び倒そう。

 

 

 

nativecamp.net