🌍松田大夢のクソバカ地球滞在記🌍

なんか物心ついた頃には地球で『人間』やってた。そんなゆるい人間ヒロムの地球滞在記。

セブ島のゲストハウスがフィリピン人に破壊され続けてウンコされまくる問題を改善したたった1つの方法とは??

f:id:sum41-blink182-fack60:20180730134713j:image

 

こんちわー。

 

ゲストハウス完成に向けて作業を続けていたら、またまたトラブル続きで予算を大幅オーバーして資金が尽きてしまった無一文の松田大夢(@chilichilihot)です。

 

前回の記事はこちら↓

hiromumatsuda.hatenablog.com

 

人件費削減のため、遊びに来た日本人ゲストにゲストハウス建築体験という形で強制労働させてます。

 

バジャウ族の仲いい友達とか親戚にも協力してもらってます。

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142232j:image

 

ゲストハウスのメインの建築資材となる竹は、船で隣の島のボホール島まで行って仕入れてます。

 

 

 

 

資金ができた時に材料を仕入れ、ゲストが来た時に建築を一緒に進めるというスタイルで少しずつゲストハウス完成に向けて作業をしてきました。


f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142318j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142327j:image

 

セブ島の語学学校に通っている学生たちが休みになる毎週末は、建設中のゲストハウスでみんなでBBQしたり鍋したり、無限インフィニティワクワクエンジョイマンしてます。

 

建設中のゲストハウスの内装全体の映像はこちらのツイートの動画から見れます。

 

BGMは【ゼルダの伝説~ムジュラの仮面~】のクロックタウン♪

 

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035803j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035812j:image

 

 

みんなが強制労働に従ってくれたおかげで屋根の一部、二階の床、各扉を作ればほぼほぼ完成という状態まで建築が進みました。

 

しかし

 

頭を悩ます問題が起きるようになってしまいました。

 

 

ゲストハウスの窓や壁が破壊され、さらには床にウンコをされるようになったのです。


f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142313j:image

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035855j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035859j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035903j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035850j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035846j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035840j:image
f:id:sum41-blink182-fack60:20180731035833j:image

 

1回だけではありません。

 

壁や窓を破壊される→ゲストハウスに侵入されて床にウンコされる→修理する→また破壊されてウンコされる、、、という無限ループです。

 

特に今のシーズンは昼間に海が満潮になることが毎日で、一番海が高くなる時には床下20cmぐらいまで海が上がって海水も普段より綺麗になります。

 

その度に学校に行かない近隣の悪ガキフィリピン人が海に泳ぎに来ます。

 

そして、誰もまだ人の住んでない建設中のゲストハウスが悪ガキどもの遊び場にされてしまうのです。 

 


f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142248j:image

 

有刺鉄線を張り巡らしたり、侵入されそうなところを頑丈にしたり。

 

どうにかセキュリティを強化しているつもりでいたんですが、床のウンコは増え続け、ウンコ臭も強烈になってく一方でした。


f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142224j:image

f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142256j:image

 

頭の固い悪ガキどもは、近所のバジャウ族が注意しても聞く耳を持たないので、俺が呼ばれて現場に駆けつけて、俺を見た悪ガキどもはすぐに逃げていき、俺がいなくなったらまた戻って来るというイタチごっこ。

 

うんうん。

 

わかるよお前らのその気持ち。

 

俺も悪さしたり人に理不尽に迷惑をかけたりする時期あったもん。

 

人の気持ちをちゃんと考えられない時期は気の合う悪ガキ仲間で集まって悪さするの楽しいもんな。

 

学校の先生とか変な奴からかって怒らせて、みんなで面白がって逃げたりしたこと俺もあるもん。

 

からかった相手が反応すればするほど、みんな面白がって余計からかったりするよね。

 

それはもういじめかもしれない。

 

俺も小学生の頃いじめっこだった時期がある。

 

周りの先生は全員俺の敵で、担任教師を泣かしたりすることもあった。

 

思春期の子どもらって、社会や家庭環境に対する不満や反抗心によって生まれるエネルギーのはけ口がみんな無かったりするから悪さしたりするようになるんだと俺は思う。

 

ただ、自分自身が大人になって悪ガキに悪さされる側になってみると、マジで迷惑でしょうがない。

 

ガチでうざい。

 

あまりにも悪ガキがしつこいし防戦一方じゃ舐められる一方だと思って、周りから事情聴取して確信犯のフィリピン人を特定しました。

 

そして、そいつがゲストハウスに侵入してきたのをとっ捕まえました。

 

『お前だろ?家いつも壊してんの?舐めんじゃねえよ。』

 

俺のいつものトーンでのその言葉に、昔魚人族のジンベイに教わった千枚瓦正拳を添えて吹き飛ばしてやりました。

 

みんな知ってるか?

 

魚人族って本当にいるんだぜ。

 

腹を抱えて泣き出す悪ガキ。

 

『俺ばっかりじゃねえよ!!』

 

そう捨て台詞を残して泣きながら足早にゲストハウスを出て行きました。

 

数分後。

 

戻ってきたと思ったら、少し離れたところでしゃがみ込み、その手には包丁が握られてます。

 

こちらを睨んでいるようだ。

 

なぜだろう、全く怖くない。

 

近寄ってみる。

 

『なんだお前?まだ用あんのか?』

 

『・・・・・・。』

 

『修理大変だし面倒くさいからマジで家壊すのやめてくれ。悪さすんなよマジで。』

 

『・・・・・・・。』

 

反応がないぞ。

 

なんだ、包丁を握ったただの屍のようだ。

 

人によっては刺されてもおかしくない状況だけど、その時はそれでその場を離れた。

 

暴力とか、思考停止した頭の悪い問題解決方法なんて普段の冷静な俺なら絶対にとらない手段。

 

だけど、このまま舐められて好き勝手やらせるのも嫌という葛藤の末の一発、ジンベイ秘伝の技『千枚瓦正拳』。

 

魚人族舐めんな。

 

その時は、ゲストハウスが何度も何度も壊されては修理をするというストレスと比例して、日々溜まっていくタスクに追われることに疲れていたのかもしれないです。 

 

疲れやストレスが溜まると思考停止します。


f:id:sum41-blink182-fack60:20180730142216j:image


そこで、これからマジでどうしようかスマブラでストレスを発散しつつ冷静に考えました。

 

 

 

 

ということで取り急ぎ、費用のかからない悪ガキを味方につける作戦を実行することに。

 

ここからは個人的に文章を書き疲れたので適当に省きます。

 

結果的に、

 

悪ガキを味方につける作戦大成功!

 

 

 

 

あれだけ家ぶっ壊してウンコ散らかしてたやつらも、ちゃんと向き合えば分かり合うことができました。

 

過去に悪さしてようが、俺とちゃんと話して向き合った瞬間から悪さしなければ俺はそれでいい。

 

遊び場として使ってもいいから、床ウンコと家の破壊だけは絶対すんな。

 

俺はお前らを信用して鍵も渡してやるから、もしそういうことするやつがいたらお前らが注意する側になれ。

 

それだけしっかり言い聞かせたので、あとは彼らを信じようと思います。

 

そうやってみんな仲間になれたらめっちゃピースじゃんね。

 

海外で日本人が俺しかいない環境で生きる上では、その土地に生きる人間とどれだけうまいこと関係築いていけるかが、毎日をエブリデイするための鍵になる。

 

日々そうやってパーティーを増やしていって最強の主人公になろう。

 

なるべく敵を作らずに、シンプルにみんなハッピーで仲良く生きて死にたい。

 

みんなは毎日をエブリデイしてるかい?

 

芋虫カスタネットタンタンタンタタン♪

 

f:id:sum41-blink182-fack60:20180731100340p:plain